smスクワット

SMスクワットとは

そもそもスクワットとは?

筋トレの王様と呼ばれるほど、効果が高いトレーニング
「スクワット15回で腹筋500回分の効果がある」
とも言われています。
全身の動きを通して多くの筋肉の部位を鍛えられるのである。

スクワットで鍛えられる筋肉部位

スクワットは一見、下半身の筋トレのようにも見えますが、実際にはそれ以上のものであったりします。もちろん下半身を動かすわけなので、下半身の筋肉部位がメインに使われることは確か。
しかし、腹筋や腰の筋肉が体感を安定させたり、バーベルを担いで行うバーベルスクワットの場合は、上半身の筋肉が一緒に働き、体のバランスを保ったりしています。

つまり、人気のバーベルスクワットなどでは、頭からつま先まで、体全体を使うことができるのです。
これが、他の筋トレよりも、より重い負荷を利用してスクワットができる理由。全体の力と筋肉を鍛える為にも効果的な理由です。

スクワットで鍛えれる筋肉について、詳しく見ていきましょう。

下半身の筋肉部位

スクワットは、強く筋肉質の脚と引き締まったお尻を作るには最善のエクササイズです。
スクワットの中でしゃがんで行くときは、膝を外側にキープしながら脚を曲げます。そして、立ち上がったときは、脚がまっすぐになります。

この動きを通して、膝や腰に関わる筋肉群を鍛えて行くことになります。
具体的には、大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋、そして臀筋群です。
この中でも大腿四頭筋・大臀筋・ハムストリングは大切なので個別にみていきましょう。

大腿四頭筋

太もも前面に位置している大腿四頭筋(外側広筋・内側広筋・大腿直筋・中間広筋からなる)は、膝を伸ばす、膝関節の伸展動作で最もメインに働いてくる筋肉部位。
スクワットにおいては、立ち上がる時に筋肉が収縮して強く働くのはもちろんのこと、しゃがむ動作においても、筋肉が伸びながらも力を出しいてる状態(エキセントリック収縮)を維持しながら、大きな力を出してスクワットの動作に貢献しています。

大臀筋

大臀筋はお尻の後側面に位置し、人体でも最大の筋肉部位である。

スクワットの中でも次に紹介するハムストリングと一緒に収縮することで、爆発的な力を生み出し、スクワットで立ち上がる際に大きく貢献して行くことになります。
またしゃがむ動作においても、この大臀筋が進展しながらも力を出すことで、スピードをコントロールしながら安全に体を下ろして行けることになります。

ハムストリング

太ももの裏についているハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋からなる)もまたスクワットを行う上で大切な筋肉になってきます。
しかし、スクワットにおいてはどちらかというと、お尻の大臀筋の働きを助けながら貢献するサポーター的な役割が強くなります。
基本的には大臀筋と同様に、スクワットで立ち上がる際に大きな力で収縮し、逆にしゃがむ時には伸びながらもブレーキのように力を出して行くことになります。

ふくらはぎの筋肉部位

スクワットを行う時、腰を下ろしてしゃがんだ状態ではすねは傾き、立ち上がった状態では垂直になります。
そして、このすねの角度に関係しているのが足首の動きであり、また、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋とヒラメ筋がその動きに貢献します。

背中の筋肉部位

スクワットする際、重力が上半身の体重や、担いだバーベルを下に引っ張っていくわけですが、この際に体を安定させて保っているのが、脊椎を自然な形で保ってケガなどからも守り、腰から背中にかけて走行してる筋肉。

脊柱起立筋

脊柱起立筋(多くの筋肉から構成される背中を縦に走行する筋肉群)がスクワットの動作の中で働く時、筋肉を収縮または伸展させるわけではなく、アイソメトリック(収縮も伸展もせずに力を出している状態)な状態で力を発揮します。

腹筋の筋肉部位

腹筋はスクワットをする際に、腰が脊椎を自然な形に保てる様に補助しています。
つまり、スクワットの中でもお腹の筋肉は使われていくことになり、これが、お腹に横たわるシックスパックの筋肉として有名な腹直筋と、脇にある腹斜金を刺激していくことにもつながります。

スクワットで多くの筋肉を鍛える効果

スクワットで鍛えられる筋肉をそれぞれ見てきましたが、ここで、多くの筋肉を鍛えるスクワットの効果やメリットを詳しく書いて見ましょう。

  • 脂肪を燃焼しやすくなる

    脂肪を燃焼しやすくなる

    スクワット1回の消費カロリーは、腹筋50~100回に匹敵すると言われています。つまりスクワットは、少ない回数で多くのカロリーを消費できるため、効率的に脂肪を燃焼することが可能なのである。

  • 全身痩せが見込める

    全身痩せが見込める

    スクワットは下半身だけのトレーニングに見えがちですが、実はそうではありません。背中や腹筋をはじめ、腕の筋肉まで刺激する全身トレーニングです。そのため全身の筋肉を鍛えられ、全身痩せが期待できるのである。

  • 太ももを引き締め、スタイリッシュな体系になれる

    太ももを引き締め、スタイリッシュな
    体系になれる

    スクワットは太ももが太くなると思われ、特に女性を中心に敬遠されがちです。しかし、実際に太ももを太くするのは至難の業。かなりストイックに鍛え込まないと太くなりません。普通にスクワットをする分には、脚全体が引き締まり、スタイリッシュな体型に仕上がります。

スクワットは太りにくい身体を作る!

スクワットは、全身の筋肉を鍛えるのに有効な筋トレとして知られており、筋肉量を大幅に増やすことができるため、基礎代謝が上がり、太りにくい体を作ることが可能となります。

スクワットで全身の筋肉量が大幅UP

スクワットで鍛えられる筋肉部位は説明した通り。そのため、スクワット運動を継続して行うことで、全身の筋肉量を大幅に増やすことが可能。
全身の筋肉が鍛えられると、基礎代謝が上がります。基礎代謝というのは、人が体を動かさずにじーっとしている状態において、内臓を動かしたり体温を維持するために使用される消費エネルギー量のこと。
実は、基礎代謝は、人が1日に消費する総エネルギーの約70%を占めており、基礎代謝が上がることで、運動していない状態でもカロリーを多く消費するようになります。
また、基礎代謝において、体の中で最もエネルギーの消費が多い部位が筋肉なのです。

以上から、筋肉が増えると基礎代謝が上がり、じっとしている状態において消費するエネルギーが増えるため、太りにくく、痩せやすい体を作れるというわけです。
だからこそ、スクワットは筋トレの王道と言われるのである。

SM的要素

通常通りのスクワットにSMを要素を手にいれる
ほんの一部をご紹介!!

  • 乳首クリップ刺激

    乳首クリップ刺激

    乳首を刺激することにより、痛み、興奮、羞恥心をプラスし、通常よりも重いウエイトを持ち上げることができる効果がある

  • ムチによる刺激

    ムチによる刺激

    もちろん本格的に叩くわけではない(危険)。ムチによる恐怖心と刺激で追い込み時のレップ数を上げることができる。(そう、馬のように!)

  • 言葉による精神調教(全種目あり)

    言葉による精神調教(全種目あり)

    これでもかというぐらい、罵声を浴びせられます。限界にきてからの追い込み、レップ数がわからなくなるぐらい。追い込めます。恥ずかしさと、悔しさと精神解放により、テストステロンの分泌を促進させます。

もちろん、レパートリーはこれだけではない!
お客様、女王様(ご主人様)によりもっと刺激のあるSMプレイがプラスさせ、成長を促進させるのである。