疲れが取れない原因は栄養不足だけじゃない?疲れ知らずの身体を手にいれる方法

カテゴリー:ブログ, 新着情報

30歳を超えて運動習慣がないあなた!!

もう衰えていってます。

「最近全然疲れが取れない」

「寝ても逆に疲れてる」

「休みの日にどこも行く気になれない」

「腰が痛い」

「ひざが痛い」

などなど、身体のあちこちが徐々に悲鳴をあげだすのは30代を超えたあたりから。

実際私もトレーニングを始める前は、ある日突然疲れが取れなくなって、朝なんて鏡見たら誰かわからないぐらい老け込んでた時期がありました笑

昔は夕食を食べる時間なんて気にせず、暴飲暴食してもへっちゃらだったのに、夜寝る前の胃薬が手放せなくなったり。

腰が痛いだの肩が痛いだのあちこちが痛くなったのも確かに30代を超えたあたりからです。

なぜ疲れが取れなくなったのか?

 

疲れが取れない原因

一言で言うと「筋肉不足と筋力の低下」が原因です。

もちろん、栄養不足や睡眠不足なども関係してきます。

単純に筋力のピークは30歳ぐらいだと言われているので、運動習慣のない中高年の筋肉は衰え始めてからしばらく経っていることになります。

筋力が低下していくと重力によって自分自身を支えるのが辛くなるわけです。

そうなると寝ている時も重力がかかってるわけですから、疲れがとれなくなってくるのです。

 

疲れ知らずの身体を手にいれる方法

最初からマシンを使って、筋トレをはじめよう!と思っても、そもそも運動習慣がない人からするとハードルが高すぎます!

そんな人でも始めやすいのが「体幹トレーニング」

体幹トレーニングでまずは基礎となる身体を作ることから始めましょう!

 

体幹トレーニングと聞くと

プランクを思い浮かべる人が多いと思います。

こんなやつ

そもそも体幹トレーニングをしたらどうなるのか?

体幹トレーニングのメリット

・太りにくい体になる

30代を超えたら急に太りだした。太りやすくなったと感じる人は基礎代謝が落ちていることが考えられます。

簡単に言うと筋肉量が減ってるからですね。

体幹を鍛えることによって筋肉量が増えるので基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると言うことは、ダイエットにつながると言うことですね。

 

・肩こりや腰痛が楽になる

肩こりや腰痛は姿勢が悪いことも原因として考えられます。

筋力が低下すると姿勢がどんどん悪くなります。姿勢が悪い方が楽に感じてくるんですよね。

そうすると余計姿勢が悪くなり、腰痛や肩こりの原因になるんです!

体幹トレーニングをすることによって自分の筋力で骨を正しい位置に戻すことができるようになりますので、姿勢が悪い人でも骨の位置を安定させることができるようになります。

 

・筋トレの効果が出やすくなる

姿勢が悪いと身体を痛めてしまったり、全然違うところに力が入り筋トレの効果が半減してしまうこともあります。

そのため筋トレで大事なので姿勢が大事になりますので、体幹を鍛えることにより姿勢をキープする基礎筋肉がつくと効果がえられやすくなります。

 

疲れ知らずの若々しい身体を手にいれるには体幹トレーニング

疲れにくい身体を手にいれるにはまずは運動習慣をつけること。

その一つとして、簡単に始められて効果のある体幹トレーニングを初めて疲れにくい身体を手にいれましょう!

SMジムでは運動が続かないと言うちょっぴりMの人向けに(ドMでも大歓迎)

RIZAPや他のパーソナルジムだと続けられる自信がないと言う方でも女王様、ご主人様に調教してもらいながら楽しく続けられるパーソナルを目指しています。